審査が少し厳し目なのがデメリット

銀行のカードローンは、総量規制など年収に対しての規制がなく、クレジットカードのカードローンや貸金業者のカードローンに比べて限度額が大きく、金利面が安いというメリットがあります。

特徴は、クレジットカードのキャッシングや貸金業者からの借り入れなどに比べて有利な点が多くありますが、デメリットしてその分だけ審査条件が厳しい点があります。銀行に対して、一定の信用がないと、審査をパスできません。

メガバンク、都市銀行、地方銀行などでさまざまな借り入れプランが用意されていますが、基本的に大銀行の方が金利面で優遇されており、限度枠も高く設定されていることが多い状況です。

同じ銀行のローンであっても、過去にその銀行と取引があるか、どのような信用状況であるか、などによっても審査が通過しやすくなる、など人によって状況が違うことがあります。他にも不利益となる例としては、焦げ付きや債務整理、自己破産などブラックリストに掲載されるような場合には、まず審査は通過しません。

通過しやすい条件としては、銀行に対して預金がある、給与振り込みや安定した収入がある証明をしている、過去にマイカーローンなどの取引があり、しっかりと返済している、などの実績や保証がある場合が挙げられます。

それらの総合条件を総合的に判断して、カードローンの限度額や金利も変動することがあります。他の消費者金融などから借り入れなどがある場合、信用条件などで不利益を受ける場合があるので注意が必要です。銀行系の審査を通過したいのであれば、しっかりと社会的信用を積み重ねてからの方がよいと言えますね。

▲ ページの先頭へ