自由度の高い銀行カードローン

カードローンの返済方法は、おまとめローンなどの方法以外には、自由度の高い返済方法が多くあります。借り方、返済方法を自分で設定出来るという、銀行のカードローンのメリットが魅力の一つとなっています。

利用では限度枠が決められており、基本的に毎月の支払金額が決定されています。限度枠内であれば、自由に返済してもよい、銀行系のカードローンは、消費者金融系のカードローンに比べて自由度が高いといえます。

返済方法は限度枠内であれば、銀行系は比較的自由度が高いタイプもあり、ボーナス時の一括の支払いや、状況に合わせて金利だけを支払う、そのまま一定期間借りたまま、金利がかかる状態にするなど、借り手の意思を反映しやすいローンのタイプもあります。

借り入れが自由な点はいいのですが、金利面で元本を返さないままであると、一方的に金利がつき、最終的に借り入れた元本への返済金が高くなるというデメリットがあります。

しかし、返済方法を自由に選べる事で、緊急の借り入れが必要なときや、月々の返済プランを自由に立てられるなど、貸金業者などからの借り入れに比べてかなり利点が多いと言えます。また、金利面を単純に比較しても、かなり優遇されているため、信用があり、審査条件が通過するのであれば、銀行系カードローンの方がお得といえます。

他にも総量規制の対象外であるため、ある程度の高額の限度枠のカードローンであれば、限度枠内で自由に借りられるというメリットがあります。ある程度、社会的信用があり、適時借り入れを考えている人は、うまくカードローンを使うことを考えてみるのも一つの方法ですよね。

▲ ページの先頭へ