無利息カードローンメリット・デメリット

無利息のカードローンには、貸金業者のキャッシングなどのカ−ドローンがあります。利用出来る期限が1週間に限定されていたり、初めてのローンの人が対象であったりするなど、限定的なローン形態になっています。

銀行系の中にも若干ありますが、自分の預金がある中での利用に制限されていたりするので、事実上は、預金内の制限となってしまうデメリットがあります。

これに対して、貸金業者のカードローンは、銀行系のカードローンと違い、純粋な無利息の借り入れが可能であり、その借入に対して、短期間ですが金利が発生しないというメリットがあります。そのため、借入を希望する人としては、借入期間は、銀行系のカードローンよりも有利な金利で借り入れを受けられることになります。

デメリットとしては、貸金業者からの借り入れとなるため、記録が残ってしまい、銀行系のカードローンの借り入れなどのときに、信用情報としてマイナス評価されてしまう可能性があることです。

このような評価を受けてしまうと、たとえ貸金業者からの借り入れを完全に返済していたとしても、マイナス評価を受ける、もしくは借り入れに対してデ審査が通過しにくくなるなどの扱いを受けるようなことになります。

期限内は無利息というと、一見するとお得にも見えますが、期限を過ぎると銀行系のカードローンよりも金利が高いため、長期的に借りる場合は、最終的に金利で損をしてしまうことになります。また、無利息の場合は、銀行系のカードローンに比べて限度額も小さいという特徴があります。借り入れは本当に短期間に絞って、出来るだけ元本を早く返す方法がお得になりますよね。

▲ ページの先頭へ