担保のあるローンより金利は高め

無担保ローンの一つに銀行系のカードローンや、クレジットカードのカードローン、消費者金融系のカードローンがあります。特段と、住宅ローンなどと違って、個人の信用だけで金融機関などから借り入れを受けられるメリットがありますが、その分金利面で上乗せされているという不利益があります。

一般的に担保抵当があるローンに比べて金利面で制限がある、また貸付条件で不利益を受けることになる、などがあります。それらの条件を考慮して借り入れをすることが必要です。

メリットとしては、担保があるローンに比べて、自由度が高いことがあります。まず、借入のときに、どのような用途に使用するかを聞かれることがないため、自由に借り入れ、返済などの対応が可能となります。

デメリットは、消費者金融系のカードローンであれば、かなり高額の金利になってしまうことがあります。信用条件が過去に借入などがあると、限度額を低く取り扱われてしまう危険性があることです。何度も借り入れや返済をしている人であれば、計画性がない、と判断されてしまうことがあります。

銀行系のカードローンであれば、その点、ある程度の信用があると銀行の審査段階で評価されているため、金利面の優遇や、総量規制からの除外、高い限度枠などの特徴があります。

審査条件には自分自身の収入、過去の返済や借り入れの記録、勤務している会社など全体的な「信用」であり、これがどのように評価されているかを判断されているかが、金利、限度枠が示しているともいえます。借り入れは社会的信用の総合的評価という一面があるので、まずは自分自身のお金の使い方を見直したうえで借り入れの計画をすることも大切な準備の一つですよね。

▲ ページの先頭へ