同じカードローンなら銀行系がお勧めs

消費者金融系のカードローンは、総量規制の対象となり、銀行系のカードローンに比べて、金利面においても不利益を受けることがあります。また、信用情報においても、銀行系のカードローンに比べるとデメリットがあります。

同じ貸金業者内で、借入情報を共有しているため、総量規制の対象に該当しないかを、常にチェックされています。総量規制は年収の3分の1までしか貸し出しが出来ないと規定した法律で、複数社から借り入れがある場合などは総額で該当する可能性があります。

銀行のカードローンに比べて、金利面でも高めに設定されている点にも注意が必要です。そのため、長期間にわたり借りる場合、金利を支払い続ける期間が長くなり、元本が減らないなどのデメリットがあります。

消費者金融系のカードローンのように50万以上を超える借り入れをする場合、個人の収入を証明する信用情報を必要とする、などの条件はありません。

一定の返済プランや、月々の返済などがありますが、銀行系のカードローンであれば、限度枠内であれば、自由に返済、借入が出来るタイプもあるため、かなり借り手の選択肢が広がることになります。

銀行系のカードローンに比べてメリットがある点としては、審査条件がかなり甘めに設定されていることがあるため、比較的借りやすくなっています。どうしても借り入れが必要なときも状況によってありますし、万一の借り入れで迅速にお金が必要になった場合などに、状況に応じてすぐに使えるように、用意しておくのも対応策としては必要かも知れませんね。

▲ ページの先頭へ