どんな人が審査に通る?

カードローンの審査は、基本的に銀行系のカードローンが最も厳しく、信販系、消費者金融系のカードローンと続きます。信販系、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となりますが、銀行系のカードローンは対象外となります。

他にもその人の社会的信用や収入、これまでの債務など、総合的な信用状況を判断されます。ここで、過去に債務整理や自己破産などがあると、返済してもらえるリスクが高いと判断されるため、借り入れが難しいというデメリットがあります。

限度額が大きく、審査が通過しやすい人としては、会社の役員やオーナー、安定した収入がある公務員、もしくは医師や弁護士など社会的に認められた職業についている人ほど、審査で有利となります。

他にもすでに取引の実績があり、銀行に対して、一定の信用がある人も、高い限度枠や評価を受けることが出来ます。給与振り込みをしており、収入がどの程度あるのか、また定額預金を積み立てているなど、計画性がある場合には、限度枠を高く受けることが可能です。

審査基準としては、借入申込者がどの程度、安定して返済してもらえるか、過去の借り入れに対しての返済方法などが審査基準になります。貸金業者などのカードローンに対して不利益な情報がある場合は、審査を通過しないことがあります。

審査条件は、正社員であっても、会社の勤続年収や会社での役職、会社自体の知名度など総合的に判断して決定されることがあります。一般的、勤続年収や収入、知名度などが高いほど、審査条件は有利になります。ある程度、勤続年数がある人は十分に可能性があるので、銀行窓口に相談してみるのも一つの方法ですね。

▲ ページの先頭へ