貸金業者の貸付は規制の対象

総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠や、貸金業者のカードローンが対象になる、収入に対しての借入総額の制限です。銀行系のカードローンはこの対象から除外されています。

年収の3分の1の借り入れに、貸金業者、クレジットカードのキャッシング枠を制限した法律で、この金額以上に借り入れることは原則出来ません。除外になる対象としては、住宅ローンやマイカーローンなどは含まれます。

銀行系のカードローンであれば、限度額は信用状況によって、500万円や1000万円ということもあり、金利面でも、総量規制の対象となるキャッシングよりもずっと低く設定されています。これは、銀行が個人の信用に対してのカードローンを設定しているからです。

審査で規制の対象となる項目としては、年収以外にも、一度の借り入れに対しての制限で、銀行系のカードローンにはない条件が加味されています。また、銀行系のカードローンで、総量規制の対象となるような借り入れがある場合、審査面で不利益をこうむることがあります。

法改正で導入されてからは、個人の信用状況によって、返済が可能であるかを審査する義務が貸金業などにも設定されるようになりました。これに合わせて、カードローンでも同様に審査されることとなるため、借入などが多い場合は、結果として銀行系のカードローンを受けることは難しいといえます。

東京スター銀行の「おまとめローン」のようなカードローンであれば、総量規制の対象となる貸金業者などからの借り入れがあっても、安定した収入があれば、ローンを組める可能性があります。借り変えは長期的な金利を考えるとお得な点が多いので検討してみるとよいでしょう。

▲ ページの先頭へ