大手銀行でも低金利なカードローン

低金利のカードローンには、銀行系のカードローンが年間の金利が5パーセント台からと各種銀行などで設定されています。銀行系のカードローンは総量規制の対象外でもあり、借入としては、キャッシングに比べても有利です。

審査を通過するためには、ある程度信用のある会社に勤務している、社会的ステータスがある、などの銀行を納得させるだけの保証内容が必要になっていきます。正社員で安定して収入があり、貸金業者などに借り入れ等が無ければ、審査を通過する可能性は十分にあるので、希望する人は申請してみるとよいでしょう。

評価基準が高い順番としては、まず、大手企業に勤めている役員や、管理職、もしくは会社オーナーや社長、役員、医師や弁護士などの社会的に信用がある職業、国家公務員などが含まれます。

同じ正社員であっても、年収や勤続年数、会社の評価などによっても違います。銀行系のカードローンは、年収を証明する書類の提出が一定の信用があると、必要がないというメリットがあります。

他の切り口で評価を受けるためには、給与振り込みを指定している、定期預金をしているなど、銀行にとって安定して収入がある、返済計画の展望が持てる、などの信用があると、評価として高くなるため、低金利のローンを受けられる、などの有利な評価を受けられるメリットがあります。銀行系のカードローンは信用を重視するので、時間をかけて積み重ねる努力が大切になります。

▲ ページの先頭へ