返済計画も立てやすいカードローンはコレ

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は年利、1.8%パーセントから14.6パーセントで、日本一のメガバンクとして、全国での利便性が高いというメリットがあります。

限度額は最高で500万円で、借入総額によって金利が段階的に引き下げられていく特徴があります。しかし、金利がいくら低いからといって、限度額いっぱいまで借り入れる必要はなく、自分に合った方法で利用をすることが無理なく返済につながります。

返済方法は、月々の返済タイプと35日後に一括して返済する両方のタイプがあります。月々であれば、10万円であれば最低2000円の返済が必要で、10万円単位で、返済額が2000円ずつ高くなる仕組みを採用しています。

コンビニエンスストアからのカードローンによる引きだしも可能のほか、金利と月々の返済分を自動引き落としによって対応する方法もあります。返済方法ではかなり自由度が高いというメリットがあり、金利負担も、銀行系であるため、低いことも特徴です。

審査はインターネットからでも可能で、審査時間外である場合は、仮結果をインターネットから受け取ることになります。その他、申し込み条件で100万円を超える場合は、収入を証明する源泉徴収票などが必要になることがあります。

銀行口座を持っている人、ない人も対象であり、グループ会社として「アコム」「モビット」などのカードローンも取り扱っています。消費者金融系の方が審査条件は通過しやすいというメリットがある反面、金利面が高いなどの不利益となる条件もあります。メガバンクからの借り入れなので、対外的にも信頼性が高いという利点もあるので、取引がある人は借り入れを検討してみてはどうでしょうか。

▲ ページの先頭へ